お 知 ら せ
   

1.2018年度への指針

  『霊性の回復と開拓伝道のスピリット〜キリストに似る者とされキリストを紹介する〜』

 2018年8月4日()の連盟総会において、3期6年(包括法人化前を合わせると10年)の任期を全うされた
金本悟連盟委員長の後任として、相原典之新連盟委員長が選出されました。 
そこで、総会資料に掲載されている「2018年度への指針」を踏まえた上で、新連盟委員長としての指針を提案させていただきます。

 金本前連盟委員長が掲げ、取り組んでこられた『霊性の回復と開拓伝道のスピリット』という基本方針は、連盟全体に浸透している方針として継続していきたいと思います。

 ただ、“霊性の回復”と“開拓伝道のスピリット”が何を意味するのか、共通理解を深める必要があると思います。

 “霊性の回復”それは、神に創造された本来の霊性の回復、“神のかたち”(創世記1:26〜27)の回復ということでしょう。神の救いのご計画の中で、それはキリストによる再創造(参照、Uコリント5:17)によってなされ、キリストの再臨のときにキリストに似た者になることによって完成するのです(参照、Tヨハネ3:2)。その日を望み、キリスト者は、御霊の働きによってキリストと同じかたちに変えられ続けていくのです(参照、Uコリント3:18)。私たちは、神の御言葉を聴くことにより、祈りによって神と交わることにより、神より与えられた試練を通し、御霊に導かれ、キリストに似た者へと変えられていくのです。主にある兄弟姉妹との交わりに支えられて。キリストに似た者とは、具体的には、ガラテヤ5:22〜23の御霊の実を結んでいる者。Tコリント13:4〜7の愛に生きている者と理解します。

“開拓伝道のスピリット”それは、いわゆる開拓伝道をしてキリストの教会を生み出すことを中核に含みますが、それに限定されるものではありません。今夏の全国牧師会・修養会講師をしてくださったジム・ライオン師(北米神の教会最高責任者)は、地獄の力、サタンの力によって奪われた人々を神のもとに取り戻すという表現をもって、“開拓伝道のスピリット”を表してくださったと思います。それは、人々に救い主イエス・キリストを紹介することによってなされるのです。自分を暗闇の支配から神の恵みの支配に連れ戻してくださったキリストは、あなたにもそうしてくださるお方だと紹介する(参照、コロサイ1:13)。ことばをもって証をしたり、教会にお誘いすることを通して。それと同じくらい大切なことは、キリストに似た者へと変えられ続けている、すなわち御霊の実を結び、愛に生きている者としての生き方によって、共に生きる人々にキリストの香りを放つことではないでしょうか(参照、Uコリント2:14)

上記の指針に基づき提案いたします。

(1)神の教会のアイデンティティーの再確認、これからの神の教会運動について、引き続き牧師会を中心に学び合い、神の教会の牧師としての資質向上に努めるが、その際に常に上記指針を念頭において行う。

(2)連盟全体の集会、研修、キャンプ(夏期修養会、全国牧師会、キッズプログラム等)を上記指針に基づき充実させる。

3)特に、“開拓伝道のスピリット”の視点から、献身者育成が急務であるが、キッズへの働きを充実させつつ、それより上のユースや、中年層、退職後の世代からも献身者が生み出されるよう祈り、具体的な取り組みを検討する。

(4)各専門委員会の固有の働きを、“霊性の回復と開拓伝道のスピリット”という視点から見直し、充実させ、連携していく。

(5)“霊性の回復と開拓伝道のスピリット”を具体化している各教会や教育施設の働きを互いに知り合い、祈り合い、支援し合い、学び合う。また、各教会が抱えている固有の課題のために適切な支援ができるよう、委員長・副委員長会議を中心に、情報収集と検討に努める。

 (6)各国神の教会との交流も、可能な限り積極的に行い、それを通しても(1)に記した内容を深めていく。

(7)JEA、ローザンヌ運動、その他超教派の働きとの交流も、可能な限り積極的に行い、それを通しても(1)に記した内容を深めていく。

2.2018年度行事

  2018年   7月   2日 (月)  連盟役員会・委員会
   8月   1日 (水) 〜 4日(金)  連盟全国牧師会・職制委員会・按手礼牧師会
    3日 (金) 〜 5日(日)  連盟修養会
     4日 (土)  連盟総会
   9月  10日 (月)  連盟役員会・委員会
    29日 (土)13時〜  連盟賛美集会 (於 玉川聖学院)
  10月 7日 (日)  関西地区墓地礼拝、牧師会
     15日 (月)  関東地区牧師会(於 立川神の教会)
  11月 19日 (月)   連盟役員会・委員会
   2019年   1月 21日 (月)  連盟役員会・委員会
    2月  5日 (火) 〜7日(木)    冬の全国牧師会(於 掛川)
   3月  25日 (月)  連盟役員会・委員会
   4月 15日 (月)  関東地区牧師会(於 立川神の教会)
      21日 (日)  関西地区墓地礼拝、牧師会
    5月 19日 (日)  連盟墓前祭  (於 小平霊園)
   5月 20日 (月)  連盟役員会・委員会
   6月 17日 (月)   関東地区牧師会 (於 玉川神の教会?)
   (7月   (月))   (連盟役員会・委員会
     九州地区   牧師会は、年5〜6回行う。  

1)法人被包括教会一覧

 @    空知太栄光キリスト教会  (北海道砂川市) 
 A   深谷神の教会    (埼玉県深谷市)
 B   立川神の教会  (東京都立川市)
 C   西国立神の教会   (東京都立川市)
   D   萩山神の教会  (東京都東村山市)
E   練馬神の教会   (東京都練馬区)
F   玉川神の教会   (東京都世田谷区) 
       G   南堺キリスト教会    (大阪府堺市)
 H   垂水神の教会     兵庫県神戸市垂水区)
  I   二日市栄光キリスト教会  (福岡県筑紫野市)
J   佐賀神の教会  (佐賀県佐賀市)
K   沖縄天久神の教会  (沖縄県那覇市)
     
(2)包括宗教法人日本神の教会連盟。教職者名簿(2018年8月4日現在)

   1)正教師
  @ 銘形秀則(空知太)
  A 太田良一(深谷)
  B 藤田洋 (立川)
  C 藤田信 (立川)
  D 金本悟 (練馬)
  E 安藤理恵子(練馬)
  F 藤原智子(玉川)
  G 嶋田幸臟(玉川)
  H 工藤文江(南堺)
  I 水野節子(垂水)
  J 沼愼二 (二日市)
  K 相原典之(佐賀)
  L 折田政博(沖縄天久)
  M バーナード・バートン(二日市) 
     N 神田満 (空知太)
     O 青木紗綾子(萩山)
    P ラム・ワイチャン(練馬)
  2)補教師  
  @  相原幸紀美(佐賀)
   
   

3)日本神の教会連盟・賛助教会及び賛助教会教役者  

    日本基督教団・戸山教会        (佐野公淳師、西谷幸介師)
    日本基督教団・清瀬旭ケ丘教会    (猪野正道師) 
    単立・豊見城神の教会      (金城信一郎師、金城暁子師)
    単立・大阪鴻池神の教会         (植松光春師)
     単立・北野キリスト教会     (松澤信廣師)  
    単立・今宿神の教会 


4.連盟総会・責任役員会・連盟委員会及び、専門委員会構成

  (1)連盟総会   総会代議員は、  @ 責任役員及び教職者・宣教師
                                  A 総会選出信徒連盟委員
                                   B 各教会選出の総会代議員(各教会1〜2名)

         以上、@、A、Bによって構成される。

  (2)責任役員会
     (宗)日本神の教会連盟の規定により選出された責任役員によって構成される。

  (3)連盟委員長・副委員長・事務局会議


     連盟委員会、責任役員会開催前に、会議資料(前回議事録、委員会議題案等)の確認を行い、会議のため必要な資料をコピー
     し準備する。

     連盟委員長: 相原典之           佐賀

     副委員長 : 藤田 信           立川

            水野節子           垂水

     委員長補佐: 金本 悟           練馬

     事務局  : 藤田利雄           練馬

            小池 清           玉川 

  (4)連盟委員会

     連盟委員会の委員は、各教会の教職者・宣教師、規定により総会で選出された連盟委員より構成される。
        但し、必要に応じて役員会から推薦された女性会、玉川聖学院代表、各教会から推薦された推薦委員等も委員会に
     加えられる。
(議決権はある)。

 (5)連盟事務局
  
       連盟事務局は、この法人の事務を円滑に運営するため、下記の者で組織し、夫々の役割を担当し、総会、責任役員会、
     連盟委員会の記録を取り、後日各教会に送付する等、総務全般を行う。
       連盟会計 は、連盟の財務、出納、予算、決算等の会計全般を担当し、総会、責任役員会、連盟委員会に報告する。

 事務局長:    藤田利雄  練馬 
事務局長補佐:  太田良一 深谷 
 連盟会計 岡澤千秋  練馬
 事務員 信川恒夫(年金・互助会) 垂水
  小池 清   (庶務・墓地 玉川
  金城信道 (庶務)  戸山
        ※ 但し、年金・互助会委員会を事務局内に、下記メンバーで組織し、教職者年金制度にかかわる
       実務全般を行う。
   
          年金・互助会委員会 :  委員長 信川恒夫 垂水 
                                  委 員  岡沢千秋  練馬
  小池 清 玉川
                 ※ホームページ管理は、日本神の教会連盟公式ホームページの更新、管理を行う。
 ホームページ管理: 藤田利雄  練馬
  金本 悟 練馬

  (5)専門員会 

   @ 財務委員会: 連盟全体の財務を担当する。

委員長: 金本 悟 練馬   
   委員 : 藤田 信 副委員長) 立川  
  藤田利雄(連盟事務局長) 練馬   
  岡沢千秋(連盟会計) 練馬  
  小池 清 (連盟信徒役員) 玉川

                        
    A 世界宣教委員会:  世界宣教全般についての伝道計画を作成する。

       APCGCの務めは世界宣教委員会が行う。

 委員長: バーナード・バートン 二日市
 委員 : 沼愼二 二日市
  水野節子 垂水
  金本悟 練馬
  青木紗綾子 萩山 
  ラム・ワイチャン 練馬

                               

B 国内宣教委員会: 国内伝道全般についての伝道計画を作成する等、

       国内宣教全般を行う。青年宣教大会もここで計画・立案する。

 委員長: 銘形秀則   空知太
 委員 : 藤原智子  玉川
  安藤理恵子   練馬
  神田 満   空知太

        

    C    修養会委員会: 連盟夏期修養会の計画・立案・参加募集に関する実務全般を行う。

委員長:  藤田信  立川
     委員 : 太田良一 深谷
  安藤理恵子 練馬
  植松光一 練馬
  今野家主信  深谷
  岡澤元・綾乃   (青年) 練馬
  小池巴実香 玉川

                           
     D    史料・機関紙委員会: 連盟全体の歩みの記録保存に努めるとともに、連盟の機関紙を編集する。

機関紙編集係は、別に定め、これが管理し、機関誌の編集・発送の全般を行う。

   委員長: 沼 愼二  二日市
 委員 ;  沼 和子  二日市
  バーナード・バートン・聡子 二日市 
  相原典之・有紀美 佐賀
  神田 満 空知太
  藤田利雄     練馬
     
 機関誌編纂係 金城信道 戸山
  金城 朝 戸山
  金城暁子 豊城

E     墓地委員会:     連盟墓地・都営小平霊園に関する実務全般を行う。

 委員長; 小池 清   玉川 
 委員  ;  三好 修 西国立
  岡澤千秋 練馬 
  嶋田幸蔵 玉川

     ※ 連盟女性会は、連盟女性会規約に基づいて運営される。


(6) 牧師会関係  <全国牧師会(牧師・宣教師)>

     @ 書記局 : 神の教会研究を兼務し、全国牧師会の実務全般に当たる。

 正書記; 水野節子  垂水
 副書記 ; 愼二 二日市

                                                             

    A 職制委員会 : 教職者資格規定―正・補−の立案、神学生教育とその後の赴任先の調整する。

 委員長; 相原典之 佐賀
 委 員; 金本 悟 練馬
  藤田 洋 立川 
  バーナード・バートン 二日市

                                  

   B 按手礼牧師会 : 連盟委員長・副委員長が、一緒に按手礼牧師会の提出議題を検討し、どちらかが司会をする。)

    C 教師規定改定検討小委員会 : 現在施行中の日本神の教会連盟教職者規定第一・第二の改定検討全般を行う。

  藤田    立川
  太田 良一   深谷

                                                    
 
5.2018年度全国牧師会、職制委員会計画

  (1)全国牧師会活動計画

    @ 夏期全国牧師会

    日時:2018年8月1日()15時半〜3日()13時

    会場:天城山荘(静岡県伊豆市)

    講師:《内部講師》ネーヴィル・タン師、他
内容:

@神の教会のアイデンティティー

Aこれからの神の教会運動について研修をしていただく

(通訳:植木象平師)

        他に、銘形師の霊性回復セミナー、各教会報告、ビジネスセッション。

    A 冬全国牧師会 
      日時: 2018年2月5日〜7日 
      会場: 調整中 内容: 検討中
 
  

 (2)職制委員会活動計画

    @ 補教師への祈りと励ましを行い、正教師への道筋の指導を行う。
         夏冬の全国牧師会ごとに職制委員会を開き、補教師の面接を行う。
      A  正教師へも祈りと励ましを行い、諸課題を共に担っていく。
       B  各教会において献身者が起こされるよう祈り、励ましていく。

 

 

 

 

 

          

 

 
                
日本神の教会連盟2018年度事業計画