お 知 ら せ
   

1.2020年度への指針

   基本方針としては、継続して『霊性の回復と開拓伝道のスピリット』〜キリストに似る者とされキリストを紹介する。

2020年度は、2019年度事業報告で報告した三つの内容を、現在私たちが置かれている状況の中で、見つめ直し、深めて行く。

(1)神の教会のアイデンティティの再確認

    2020年2月以降、新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大し、私たちはいわゆるコロナの時代を生きざるを
  得ない状況にあります。特に4月半ばに全国を対象
とする緊急事態宣言が出されてから(地域によってはそれ以前から)
  各教会は特に毎
週の主日礼拝をどうするかの対応を迫られました。最大限の感染予防措置を講じ、各自の意志を尊重しな
  がら、自由に集うことのできる礼拝を守り続けた教会もありま
す。限られた者(牧師やその家族、役員等)で礼拝をささげ、
  その音声や動画をネット
配信した教会もあります。教会から感染者が出ることを避け、教会員の家族を守り、地域の方々
  に配慮するため、一定期間礼拝を休み、手紙、メール、FAX等で御言葉
の黙想を分かち合った教会もあります。
   各家庭での自主的な礼拝を奨励した教会もあ
ります。いずれの対応も、真剣な祈りがささげられ、役員会を中心とする
  話し合いが
持たれ、その教会の置かれた状況や教会員の状況を考慮した上で、自分たちの教会にとっての神の導きを信じ
  て選び取られたものだと思います。
教会員の間でも意見が分かれ、苦しい時を過ごした教会もあったかもしれません。
    私は、それぞれの教会の選択を尊重したいと思います。何よりも大切なことは、違う対応を取った教会同士で裁き合わ
  ないこと、異なる意見を持つ者同士が裁き合わ
ないことだ思います。神の教会は、聖書信仰に立ち、正統的な教理を大切
  にする群
れですが、同時にどちらの考え方にも理があると思える事柄には、多様性を認め、各個教会の判断を尊重し、共
  に喜び、共に悲しむ群れであることを信じます。

    確かに、コロナの時代には、ワクチンと治療薬が誰でも受けられる状況にならない限り、教会はこれまでと全く同じ
  ような伝道の働きと交わりをすることは難しい
かもしれません。地域の方々に多く来ていただくためのコンサートやバザー
  はどう
しようか?礼拝後の食事の交わりは大切だが、どうしてもマスクをはずした状況での会話が多くなってしまうが・・・。
  こうしたことも、各教会それぞれが祈り、話
し合い、判断すべきことでしょう。一つの御言葉が想起されます。
  「この福音のた
めに私は苦しみを受け、犯罪者のようにつながれています。しかし、神のことばはつながれていません。
  (
Uテモテ2:9)神のことばには命があり、人を変える影
響力があるので、使徒パウロが獄につながれていても広められ
  ていったのです。
このコロナの時代にも、神のことばはつながれていないのです。神の教会は、伝道を大切にする群れ
  です。4月以降、連盟でも上記のようにそれぞれの教会の対応
は多様ですが、何とかして神のみことばを伝えようとしてい
  るのです。
   特に、オン
ライン修養会は、単に会場に集まっての修養会の代替案ということにとどまらず、これまで距離的な問題、経
  済的な問題、日程的な問題で修養会に集うのが難しかっ
た方々が参加できる素晴らしい機会です!そして、私たちは覚えた
  いと思います。
コロナの時代には、これまでよりも人々は、命の問題を深く考え、人生の意味を真剣に問うのではない
  でしょうか。その問いかけを真に満たすお方は、生ける神の
ことばイエス・キリストしかおられません。このお方に求め続
  け、つながれていな
い神のことばを、人々に届けるための知恵を与えていただきましょう。また、その知恵を諸教会で分か
  ち合っていきましょう。

 (2)次世代の育成

         2020年4月末に予定されていたオール・キッズ・キャンプに続き、7月31日()〜8月2日()に天城山荘で夏期修養会
  と併行して行う予定だったキッズ・プロ
グラムも、新型コロナウイルス感染予防のため中止になりました。参加を楽しみにしてい
  たキッズは、さぞ残念に思ったことでしょう。各教会の礼拝や諸集会でキッズの
信仰が養われていくことを願ってやみません。
  そして、2021年のオール・キッズ
・キャンプとキッズ・プログラムを行うことができるよう連盟全体で祈っていきたいと思います。

全国牧師会では、2020年夏期全国牧師会(天城山荘)で杉本玲子先生(町田クリスチャンセンター牧師、聖契神学校教師)を講師
  に、「子ども伝道」というテーマで次
世代育成について学ぶ予定でしたが、これも新型コロナウイルス感染予防のため中止になりま
  した。ただ感謝なことに、杉本先生は2021年2月の冬期全国牧師会(
ま恋リゾート彩の郷)での講師を引き受けてくださいました。
  そして今回は、
会場での実施が中止になった場合にも、オンラインで研修をしていただくことになりました。実り多い学びとなるよう、
  参加する側もそれぞれの現場から次世代育成への問題
意識を持って参加したいと思います。

 (3)献身者の育成

    永田真神学生(萩山神の教会/JTJ宣教神学校)宮田夏海姉(立川神の教会/東京神学大学)の学びが3年目に入ります。
    永田神学生は、4月から立川神の教会で合計3ヶ月程度の実習をする予定でしたが、これも新型コロナウイルスの影響で延期
   になっています。どうぞ安心して実習ができる
状況になりますようお祈りください。
     宮田夏海神学生は、卒業後連盟の教師になる志望が明確になり、連盟の神学生として認定されました。新たな思いで、神学校
   での学びと教会での奉仕に励んでいることと思
います(まだ新型コロナウイルスの影響で制限があるとは思いますが)。覚えて
   お祈りく
ださい。  
     小池巴実香神学生(玉川神の教会/聖契神学校)も2年目の学びをしています。将来の進路を祈りつつ学んでいます。私たちも、
   背後にあって祈り続けたいと思います。

     連盟の教会の中で、現在の牧師の後任があたえられるよう具体的に祈り、検討している教会もあります。そのことは、広い意味
   ではすべての教会に必要なことです。 

     また、各教会の働きを広げていくためにも、働き人が必要です。今年度も主の召しを受けて献身する兄弟姉妹が起こされるよう
   祈り、上からの知恵を求めていきましょう。

2.2020年6月30日現在、教会一覧及び教役者名簿

1)宗教法人日本神の教会連盟・被包括教会一覧

 @    空知太栄光キリスト教会  (北海道砂川市) 
 A   深谷神の教会    (埼玉県深谷市)
 B   立川神の教会  (東京都立川市)
 C   西国立神の教会   (東京都立川市)
   D   萩山神の教会  (東京都東村山市)
E   練馬神の教会   (東京都練馬区)
F   玉川神の教会   (東京都世田谷区) 
       G   南堺キリスト教会    (大阪府堺市)
 H   垂水神の教会     兵庫県神戸市垂水区)
  I   二日市栄光キリスト教会  (福岡県筑紫野市)
J   佐賀神の教会  (佐賀県佐賀市)
K   沖縄天久神の教会  (沖縄県那覇市)
     

(2)包括宗教法人日本神の教会連盟。教職者名簿(2020年6月30日現在)

   1)正教師  
  @ 銘形秀則(空知太)  
    A 神田満 (空知太)  
  B 太田良一(深谷)  
  C 藤田洋 (立川)  
  D 藤田信 (立川)  
  E ラム・ワイチャン(練馬)  
  F 安藤理恵子(練馬)  
  G 藤原智子(玉川)  
  H 嶋田幸臟(玉川)  
  I 青木紗綾子(萩山)  
  J 工藤文江(南堺)  
  K 水野節子(垂水)  
  L 沼愼二 (二日市)  
  M 相原典之(佐賀)  
  N 折田政博(沖縄天久)  
  O バーナード・バートン(二日市)   
  2)補教師    
  @  相原幸紀美(佐賀)  
     

3)日本神の教会連盟・賛助教会及び賛助教会教役者  

   @日本基督教団 戸山教会(東京都新宿区)

 A日本基督教団 清瀬旭ヶ丘教会(東京都清瀬市)

    B北野キリスト教会(東京都八王子市)

 C大阪鴻池神の教会(大阪府東大阪市) 

  D今宿神の教会(今宿キリスト教会/福岡 県福岡市西区)

 E豊見城神の教会(沖縄ゴスペルファミリーチャーチ/沖縄県豊見城市)

4)日本神の教会連盟賛助教会・教職者名簿

   @西谷 幸介(日本基督教団 戸山教会)

A猪野 正道(日本基督教団 清瀬旭ヶ丘教会)

B松澤 信廣(北野キリスト教会)

C植松 光春(大阪鴻池神の教会)

D金城 信一郎(豊見城神の教会/沖縄ゴスペルファミリーチャーチ)

E金城 暁子(豊見城神の教会/沖縄ゴスペルファミリーチャーチ

3.2020年度行事

2020年   7月  20 (月)  オンライン(ZOOM)での連盟役員会・委員会
   8月
 7月31日 (水) 〜 8月1日(金)  オンライン(ZOOM)での連盟修養会
    22日 (土)  オンライン(ZOOM)での連盟総会
   9月 14日 (月)  オンライン(ZOOM)での連盟役員会・連盟委員会
  10月 11日 (日)  関西地区墓地礼拝
  11月 16日 (月)   オンライン(ZOOM)での連盟役員会・連盟委員会
 2021年  1月 18日 (月)  オンライン(ZOOM)での連盟役員会・連盟委員会
    2月  8日 (月) 〜10日(水)    全国牧師会(つま恋リゾート彩の郷)
   3月  22日 (月)  オンライン(ZOOM)での連盟役員会・連盟委員会
  3月?4月      調整中  関西地区墓地礼拝
    5月 16日 (日)  連盟墓前祭  (於 小平霊園)
   5月 17日 (月)  連盟役員会・連盟委員会
   (7月   (月))   (連盟役員会・委員会
     九州地区   牧師会は、年5〜6回行う。


4.連盟総会・責任役員会・連盟委員会及び、専門委員会構成

  (1)連盟総会   総会代議員は、  @ 責任役員及び教職者・宣教師
                                  A 総会選出信徒連盟委員
                                   B 各教会選出の総会代議員(各教会1〜2名)

         以上、@、A、Bによって構成される。

  (2)責任役員会
     (宗)日本神の教会連盟の規定により選出された責任役員によって構成される。

  (3)連盟委員長・副委員長・事務局会議


     連盟委員会、責任役員会開催前に、会議資料(前回議事録、委員会議題案等)の確認を行い、会議のため必要な資料をコピー
     し準備する。

     連盟委員長: 相原典之           佐賀

     副委員長 : 藤田 信           立川

            水野節子           垂水

     事務局  : 植松光一           練馬

            小池 清           玉川 

  (4)連盟委員会

     連盟委員会の委員は、各教会の教職者・宣教師、規定により総会で選出された連盟委員より構成される。
        但し、必要に応じて役員会から推薦された女性会、玉川聖学院代表、各教会から推薦された推薦委員等も委員会に
     加えられる。
(議決権はある)。

 (5)連盟事務局
  
       連盟事務局は、この法人の事務を円滑に運営するため、下記の者で組織し、夫々の役割を担当し、総会、責任役員会、
     連盟委員会の記録を取り、後日各教会に送付する等、総務全般を行う。
       連盟会計 は、連盟の財務、出納、予算、決算等の会計全般を担当し、総会、責任役員会、連盟委員会に報告する。

 事務局長:    植松光一  練馬 
事務局長補佐:  太田良一 深谷 
 連盟会計 岡澤千秋  練馬
 事務員: 信川恒夫(年金・互助会) 垂水
  小池 清   (庶務・墓地) 玉川
  金城信道 (庶務)  戸山
        ※ 但し、年金・互助会委員会を事務局内に、下記メンバーで組織し、教職者年金制度にかかわる
       実務全般を行う。
   
          年金・互助会委員会 :  委員長 信川恒夫 垂水 
                                  委 員  岡沢千秋  練馬
  小池 清 玉川
                 ※ホームページ管理は、日本神の教会連盟公式ホームページの更新、管理を行う。
 ホームページ管理: 藤田利雄  練馬
 

  (5)専門員会 

   @ 財務委員会: 連盟全体の財務を担当する。

委員長: 相原典之 佐賀  
   委員 : 藤田 信 連盟副委員長) 立川  
  植松光一(連盟事務局長) 練馬   
  岡沢千秋(連盟会計) 練馬  
  小池 清 (連盟信徒役員) 玉川

                        
    A 世界宣教委員会:  世界宣教全般についての伝道計画を作成する。

       APCGCの務めは世界宣教委員会が行う。

 委員長: バーナード・バートン 二日市
 委員 : 沼愼二 二日市
  水野節子 垂水
  青木紗綾子 萩山 
  ラム・ワイチャン 練馬

                               

B 国内宣教委員会: 国内伝道全般についての伝道計画を作成する等、

       国内宣教全般を行う。青年宣教大会もここで計画・立案する。

 委員長: 銘形秀則   空知太
 委員 : 藤原智子  玉川
  安藤理恵子   練馬
  神田 満   空知太

        

    C    修養会委員会: 連盟夏期修養会の計画・立案・参加募集に関する実務全般を行う。

委員長:  藤田信  立川
     委員 : 太田良一 深谷
  安藤理恵子 練馬
  植松光一 練馬
  今野家主信  深谷
  岡澤元・綾乃   (青年) 練馬
  小池巴実香 玉川

                           
     D    史料・機関紙委員会: 連盟全体の歩みの記録保存に努めるとともに、連盟の機関紙を編集する。

機関紙編集係は、別に定め、これが管理し、機関誌の編集・発送の全般を行う。

   委員長: 沼 愼二  二日市
 委員 ;  沼 和子  二日市
  バーナード・バートン・聡子 二日市 
  相原典之・有紀美 佐賀
  神田 満 空知太
  植松光一     練馬
     
 機関誌編纂係 金城信道 戸山
  金城 朝 戸山
  金城暁子 豊城

E     墓地委員会:     連盟墓地・都営小平霊園に関する実務全般を行う。

 委員長; 小池 清   玉川 
 委員  ;  三好 修 西国立
  岡澤千秋 練馬 
  嶋田幸蔵 玉川

     ※ 連盟女性会は、連盟女性会規約に基づいて運営される。


(6) 牧師会関係  <全国牧師会(牧師・宣教師)>

     @ 書記局 : 神の教会研究を兼務し、全国牧師会の実務全般に当たる。

 正書記; 水野節子  垂水
 副書記 ; 愼二 二日市

                                                             

    A 職制委員会 : 教職者資格規定―正・補−の立案、神学生教育とその後の赴任先の調整する。

 委員長; 相原典之 佐賀
 委 員; 藤田 洋 立川
  バーナード・バートン 二日市

                                  

   B 按手礼牧師会 : 連盟委員長・副委員長が、一緒に按手礼牧師会の提出議題を検討し、どちらかが司会をする。)

    C 教師規定改定検討小委員会 : 現在施行中の日本神の教会連盟教職者規定第一・第二の改定検討全般を行う。

  藤田    立川
  太田 良一   深谷

                                                    
 
5.2019年度全国牧師会、職制委員会計画

  (1)全国牧師会活動計画

    @ 夏期全国牧師会

    新型コロナウィルス感染状況を勘案してキャンセルされた。

     研修については、冬期全国牧師会に延期を決定。冬期の日程においても、全国から集まることが困難な状況である
    場合は、オンラインでの研修も考えている。

     ビジネスセッションは連盟総会前に開催予定。

    A 冬全国牧師会 
      日時: 2021年2月8日(月)〜10日(水) 
      会場: つま恋リゾート彩の郷(静岡県掛川市)

         講師: 研修テーマ「子ども伝道。4/14窓運動」

         研修テーマ:「子ども伝道。4/14窓運動」

       

その他、霊性の回復セミナー、各委員会、各教会の報告と祈り、朝の祈り会、希望者によるヘブル語講座、
ビジネスセッションを予定している。


 (2)職制委員会

   原則として、夏期全国牧師会(8月)、冬期全国牧師会(2月)の期間中に委員会を開き、下記の内容を行う。
   必要に応じ、臨時の委員会を開く。

@ 神学生と面接して祈りと励ましを行い、神学校での学びと教会での奉仕につき助言を行う。
  また、卒業後に補教師となる道筋の指導を行う。  

A 補教師と面接して祈りと励ましを行い、正教師への道筋の指導を行う。

B 正教師の抱えている課題も分かち合い、共に担っていく。

C 各教会において献身者が起こされるよう祈り、励ましていく。

 

6.2020年度専門委員会活動計画案

 (1)財務委員会

   ・財務委員会は、連盟会計上の特別な支出の要請がある場合に、適宜開催し、その適否を判断し、
    必要に応じて連盟委員会及び連盟責任役員会に提案する。

    ・5月の連盟墓前祭後の財務委員会では、年度決算報告と新年度予算案を検討し、7月の連盟委員会
 及び連盟責任役員会に提案する。

  (2)世界宣教員会
   @ 委員会を8月(書面予定)、または2月連盟冬の全国牧師会の間に行う。
      A 9月に世界宣教月間を実施する。今年度、
      a) インドのメガラヤ州にあるNichols-Roy聖書神学校で修士号を習得するネパール出身の神学生のサポート
     (3年間分)のために¥150,000。

      b) 延期とされた韓国のアジア・太平洋神の教会大会のために¥100,000を献金対象とする。
      B 毎年11月第一、または第二日曜日に行われる迫害下にある教会のための世界祈祷日の参加を勧める。
     JEAから出される資料などを各教会に提供する。参加は自由。

      C 2021年10月19日〜21日に予定となった韓国のアジア・太平洋神の教会大会の参加の企画と準備の
    責任を担う。

      D 連盟において次世代育成のために、世界宣教を体験するミッション・トリップなどのプロジェクト企画を進め、
    実施を目指す。

      E アジアをはじめ、世界宣教の現実を知らせるため、年に数回、世界宣教便りを作成し、電子メールで発送する。

 (3)国内宣教員会

    ・2019年度の夏のキッズ・プログラムの参加人数は小学生が16名、中学生が6名、計22名と最高に達しました。
    しかし、2020年度以降の夏のキッズ・プログラムはコロナ禍の影響で中止となりました。
」     
      来年の「「オール・キッズ・キャンプ」の開催も現在の時点では未定です。

     ・「次世代育成の課題」は各教会にとって必須です。ですから、コロナ禍にあっても、連盟の各教会が取り組んで
 いく方向は何も変わっていませんが、今年の中止は、変えるべきところがあるとしたら、それが何かを考えるチャンス
 と捉えています。

 (4)修養会委員会

       @ 2020年度の反省

      A 2021年度テーマ 2021年度修養会に向って準備

 (5)史料・機関紙委員会

   連盟新聞発行予定

    A.連盟新聞(カラー刷り)

        @2020年 夏295号             7月発行予定

        A2020年 秋 296号            10月発行予定

 B2020年 冬297号              1月発行予定

 C2021年 春298号             4月発行予定

      B.連盟役員会・委員会・総会 議事録号(モノクロ刷り)

        @2020年 294号              7月発行予定

        A2021年 299号              1月発行予定

      C.@編集デザイン担当 :  堅田和子姉(連盟外)

      A印刷担当 : 新生教団 国井正光兄(連盟外)
                 事務器システムセンター 中西慎吾兄(連盟外)

  (6)墓地委員会

    @ 日本神の教会連盟墓前祭

       2021年5月16日(日)午後3時 於:小平霊園

 7.2019年度女性会計画案

(1)委員会活動

      @ 次世代育成のために祈り支える
  
      A 献身者のために祈り支える

      B 置かれたところで、みことばに聴き、祈り、生きる一人ひとりの日々の歩みが導かれ、
     共に教会に仕えられるように祈る。

(2)連盟女性会総会  

   2020年は連盟女性会総会をコロナの影響により開催できないため、「2020年度 神の教会連盟 女性会総会」
 を作成し書面にて連盟女性会総会とする予定。

(3)関東地区女性会

   2021年 春 関東地区集会を予定 担当:練馬神の教会  

 

 

          

 

 
                
日本神の教会連盟2020年度事業計画